歯医者への通院をできるだけ少なくしたい人が読むとタメになる情報

>

歯周病や虫歯の症状が軽度の場合の通院期間や治療の流れ

軽度の際における治療の流れ

軽度の歯周病の状態だと、歯茎の腫れが生じたり歯垢の蓄積があったりする状態。放置をしても、歯が抜けてしまう以外に飲食をする際にも支障が生じかねません。衛生士によるプラークや歯石除去を受けることにより、概ね改善されます。1度の治療で完治となる場合もありますが、丁寧なケアが必要な時は複数回の通院となります。

軽度の虫歯であれば、患部に酸が活性化して歯に穴が開いた状態へ。治療方法は、充填治療による被せ物をして患部の穴を埋めたり、プラークや歯石があれば除去したりします。痛みを気にする人はいるかもしれませんが、予め麻酔を打ってくれるので心配ありません。症状が軽いと1度の治療によって完治できますが、更に予防をする目的でPMTCや予防歯科を受ける場合、別途通院期間が必要。歯科医や衛生士と相談しながら決めるようにしましょう。

日頃の食生活は大事

歯周病や虫歯の再発を防ぐ目的で、歯ブラシやデンタルフロスを使用して予防をするのは大事。そのうえで、食事の摂取についてポイントを押さえるのがオススメ。

虫歯菌は糖分を好む傾向。特に菓子類や糖分が含まれたドリンク、砂糖の入った料理を摂取した後は注意が必要。歯磨きなど口腔ケアができていれば予防ができますが、怠ってしまうと歯周病や虫歯再発に繋がりかねません。特にお菓子の無駄食いをしている人は、控えるのがオススメ。虫歯以外に生活習慣病予防の観点でもプラスに作用します。

一方、野菜や繊維質のある食べ物を摂取すれば、よく噛んで食べるはず。唾液の分泌が盛んになり、歯の病気予防にプラス。

他には、カルシウムやビタミン、キシリトールの摂取もできれば更に良し。歯科医や衛生士と相談しながら、できる所から取り組んでみるのはいかがでしょうか。


この記事をシェアする