歯医者への通院をできるだけ少なくしたい人が読むとタメになる情報

>

問題なければメンテナンスのレベルで通院すると良し

歯医者がするメンテナンス

たとえ歯周病や虫歯が無い状態であるうえ、日頃の歯磨きなどをしてもプラークや歯石は少なからず付着します。歯科医や衛生士が各種除去をするので、虫歯や歯周病予防の観点でも3か月に1度の通院が大事。

また、口腔内の検査を通じて、概ね日頃からの歯磨きやデンタルフロスの使用状況が確認できます。手入れが十分にできていないと、虫歯や歯周病のリスが増す原因となり、複数回通院が必要となるケースも。歯科医や衛生士が、口腔内のケアにおけるアドバイスを行います。また、タメになる情報が得られる以外に気付かなかったことが学べるでしょう。

他には、生活に関する相談にも答えてくれます。歯磨きの習慣が無いことや生活習慣の乱れなど、悩みや質問があれば気軽に伝えましょう。

歯医者選びが大事

歯医者への通院をできるだけ短くするには、3か月に1度で良いのでメンテナンスを怠らないことや、日頃から口腔内のケアや生活習慣の見直しを図るのは大事。そのうえで、歯医者選びも1つのポイントとなります。

例えば、自分の生活圏から遠い場所にあれば、通うだけで負担に感じるはず。突然歯の痛みや不調が出た場合でも、億劫になるかもしれません。できるだけ生活圏内に歯医者があれば、通いやすくなるでしょう。

また、歯科医や衛生士との相性も大事。質問や疑問に満足な答えが得られない場合や話し難い雰囲気に感じた時は、選択肢から外すのは1つの方法。他には、機器が十分に揃っていない所やどことなく落ち着かないなど、院内環境が良くない歯医者もオススメできません。


この記事をシェアする